Please reload

春季リーグ第5戦 5.5(土) vs東京海洋大

May 8, 2018

 

 勝:阿部(1勝0敗)

負:小林

 

バッテリー

(農工)阿部、広瀬、吉田ー木村

(海洋)小林、吉岡、堀、池口ー磯野

 

二塁打

(農工)奥木(1回)、小林7回)、久保(8回)

(海洋)高田(8回)

 

本塁打

(農工)木村(6回)

 

春季リーグ第5戦の相手は,第1戦で黒星を喫している東京海洋大学.前回の屈辱を果たすべく迎えた今日の先発は初登板の1年阿部に託す.

 

<1回表>

2番小林が左前安打を放つと3番山崎も四球で繋ぎ,チャンスを作る.すると5番奥木の2点タイムリー二塁打で幸先よく先制する.(農工大2-0海洋大)

 

<1回裏>

簡単に2死をとるも,3番打者に四球を与えてしまい,続く4番打者に適時打をあび,1点差に詰め寄られる.

 

<5回表>

初回以降無失点に抑えられていた打線だったが,この回先頭の2番小林の安打で出塁すると,4番久保の内野安打でようやく追加点を奪う.(農工大3-1海洋大)

 

<5回裏>

1回以降は安定したピッチングを魅せ,勝ち投手の権利を持ってこの回で降板する.先発の阿部は5回74球1安打7奪三振の好投で初登板ながら堂々たる投球を披露する.

 

<6回表>

2死から8番天田の内野安打で出塁すると,続く9番木村の完璧にとらえた打球がレフトスタンドに突き刺さり,今季第2号となるホームランで相手の先発投手をノックアウトする.(農工大5-1海洋大)

 

<6回裏>

2番手で広瀬がマウンドに上がる.安打を打たれるも0点に抑える.

 

<7回表>

この回先頭の2番小林が猛打賞となる2塁打でチャンスを作ると,相手の失策や6番吉田の適時打でこの回3点を取る.(農工大8-1海洋大)

 

<7回裏>

この回を0に抑えればコールド勝ちとなったが,四球と暴投が重なり2点を取られる.

 

<8回表>

1番広瀬,2番小林の連続四球でチャンスを作ると,暴投と4番久保のタイムリー二塁打で2点を返す.さらに6番吉田,7番根本に連続タイムリーが飛び出し点差を広げる.また,2つの押し出し四球で得点を重ね,この回6点を奪う.(農工大14-1海洋大)

 

<8回裏>

3番手として吉田が登板する.先頭打者に二塁打を打たれるなどしたが1点で抑え,コールドゲームが成立.

 

 

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now