Please reload

春季リーグ第7戦 5.13(日) vs 東京工科大

May 18, 2018

 

 勝:宗高

負:広瀬(1勝1敗)

 

バッテリー

(農工)阿部,広瀬,吉田ー木村

(工科)宗高ー相曾

 

二塁打

(農工)木村(4回),吉田(7回)

(工科)島(1回)

 

三塁打

(工科)島(7回)

 

春季リーグ第7戦の相手は,前試合で快勝している東京工科大.

この日の先発は前登板で好投した1年の阿部.

 

<2回裏>

先頭を安打で出塁されると,守備のミスで2点を先制される.

 

<3回裏>

この回も先頭打者に安打を許すと,四球を含む3連打を浴び,この回も2点を奪われる.

 

<4回表>

1死から3者連続の四球でチャンスを作ると,8番根本,9番木村の連続タイムリーで1点差にまで詰め寄り,さらに1番広瀬の犠飛で同点に追いつく.(農工4-4工科)

 

<4回裏>

この回から2番手で広瀬が登板する.安打を許すも,この回を0に抑え流れを作る.

 

<5回裏>

安打で出塁を許した先頭打者をバントで得点圏に送られ,次々打者に適時打を打たれ,勝ち越される.

  

<6回表>

相手のミスに助けられ,なんとか再度同点に追いつく.(農工5-5工科)

 

<7回表>

先頭の4番久保が安打で出塁するも盗塁死.しかし5番深沢の四球,6番吉田の二塁打で得点の場面を作ると7番澤田の犠飛でこの試合初めてリードする.(農工6-5工科)

 

<7回裏>

2死ながら満塁のピンチを作ると2番打者に走者一掃のタイムリー三塁打で逆転され,続く3番打者にも適時打を浴び,この回4点を取られる.

 

<8回裏>

7回と同様,2本の安打と四球で2死ながら満塁のピンチを負うと1番打者に適時打,続く打者に押し出し四球,3番打者にもタイムリーを打たれる.なおもピンチで,ワイルドピッチでさらに1点を追加され,この時点で7点差広がりコールド負けとなった.

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now