Please reload

春季リーグ第1戦 4.7(土) vs東京海洋大

April 7, 2018

 

勝:宮地

負:吉田(0勝1敗)

 S :吉岡

 

バッテリー

 (海洋)池口、宮地、吉岡-磯野

 (農工)広瀬、吉田-木村

 

二塁打

 (海洋)高田(1回)、吉岡(1回)、磯野(1回)

 (農工)天田(4回)

 

三塁打

 (海洋)高田(7回)、堀(9回)

 (農工)深沢(4回)

 

春季リーグ第1戦の相手は東京海洋大。大事な初戦に勝って弾みをつけたいこの試合。

農工大の先発は3年の広瀬。

 

<1回表>

先頭打者にいきなり初球を左中間に弾き飛ばされ、二塁打を浴びる。次打者を三振で打ち取るも、盗塁で3塁に進まれると、3番打者の野選で先制点を失う。4番打者を三振で切り、2死2塁とする。1点で踏みとどまりたかったが、5番吉岡、6番那須に連続タイムリーを打たれ、後逸も重なり2点を取られる。さらに7番磯野にも2点タイムリー二塁打を打たれ、初回に5点を奪われる。

 

<1回裏>

2番小林が中前安打で出塁すると、4番久保の左前安打で相手の守備がもたついてる間に小林が生還し1点を返す。さらに5番奥木の内野安打と6番深沢の四球で2死ながらも満塁とすると、7番吉田のタイムリー安打でもう1点を追加する。(海洋5-2農工

 

<2回表>

安打と押し出し四球を含む3つの四球で1点を取られる。

 

<3回表>

先頭打者に四球を与えると、この回4つの四死球で制球に苦しむ。4番小林の2点適時打で6点差まで広げられる。

 

<4回表>

この回から先発の広瀬に代わって、2番手に3年の吉田がマウンドに上がる。安打と四球を許すも、この試合初めての無失点で切り抜ける。

 

<4回裏>

この回先頭の6番深沢が右越えの3塁打を放ち、続く7番吉田の中犠飛でまず1点を返す。なおも無死から8番天田がレフトへの2塁打でチャンスを作ると、9番木村のタイムリー中前安打を相手の中堅手が後逸した隙に一気に本塁まで生還し、この回3点を奪い3点差まで縮める。(海洋8-5農工

 

<5回表>

2番手の吉田がこの回を3人で締め、この試合初めての三者凡退で流れを作る。

 

<5回裏>

2死ながらも5番奥木の安打と6番深沢の四球でチャンスを作るも後続が続かず。

 

<7回表>

先頭の1番高田にこの日2本目の長打となる3塁打で出塁を許すと続く2番小玉にスクイズを決められ1点を失う。

 

<7回裏>

先頭の4番久保が相手の失策で出塁すると、5番奥木のこの日猛打賞となるバント安打と失策で無死満塁のチャンスを作る。続く7番吉田の適時打でまず2点を返す。ワイルドピッチでもう1点を返し、8番天田の四球と相手の失策で再び無死満塁とすると、2番小林の左前適時打で、最大6点開いていた点差を同点にまで追いつく。しかし後続が断たれ逆転とはいかず。(海洋9-9農工

 

<9回表>

1死から四球を与えると、3番堀、4番小林に連続タイムリーを打たれ、2点を勝ち越される。

 

<9回裏>

前のイニングに続き三者凡退に抑えられ、試合終了。

 

 

一時は同点に追いつく粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。来週は連戦なので気持ちを切り替えて試合に臨みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now