Please reload

春季リーグ第2戦 4.13(土)  vs東京工科大

April 18, 2018

 

 勝:広瀬(1勝1敗)

負:森

 

バッテリー

 (工科)森、宗高ー遠藤

 (農工)広瀬ー木村、小林

 

二塁打

 (農工)山崎(2回)、久保(5回)、澤田(5回)

 

三塁打

 (農工)小林(2回)

 

本塁打

 (農工)久保(2回)

 

 

春季リーグ第2戦の相手は東京工科大学。春季初勝利を懸けたこの1戦の先発は先週に引き続き3年の広瀬。

 

<1回表>

先頭打者にいきなり中前安打を打たれ、次打者に四球と犠打で走者を進められ、苦しい立ち上がりとなる。しかし、後続を2つの三振で締め0点に抑え、粘りのピッチングをみせる。

 

<1回裏>

1番広瀬、2番小林の連続四球でチャンスを作ると、3番山崎の内野ゴロの間に1点を先制する。なおも得点圏の場面、4番久保の中犠飛でもう1点を追加する。さらに2死走者なしから3連続四球で再度得点のチャンスを作ると、8番天田の打球を三塁手がタイムリーエラーをし、この回ノーヒットながらも3点を奪う。(工科0-3農工

 

<2回表>

2死から連打を打たれるも後続を断ち、この回も0に抑える。

 

<2回裏>

2回裏も1番広瀬、2番小林の連続四球で初回と同じ形を作る。1人倒れるも、4番久保も四球でつなぎ、1死満塁とする。5番奥木の一塁手へのタイムリーエラーで1点を奪う。なおもチャンスで6番吉田、7番澤田、8番天田の3連打で得点を重ねると、相手のミスや9番木村の四球、さらに1番広瀬、2番小林、3番山崎の3連打でこの回ビッグイニングとする。最後には4番久保の今季第1号ホームランが飛び出し、この回だけで12点を奪う猛攻をみせる。(工科0-15農工

 

<5回裏>

3回、4回と0点に抑えられていたが、4番久保の2塁打と7番澤田のタイムリー2塁打で1点を追加する。(工科0-16農工

 

<6回裏>

2死から四球と相手の失策でチャンスを作ると、4番久保と途中出場の根本の適時打で2点を取る。(工科0-18農工

 

<7回表>

四球と安打、内野手のエラーで2死ながら満塁のピンチを背負うも、最後をダブルプレーで締め、コールド勝ち。

 

先発の広瀬は7回6安打無失点の好投で今季初勝利。チームも今春季リーグ初白星となった。

 

 

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now