Please reload

春季リーグ第4戦 4.29(日) vs国際基督教大

May 1, 2018

 

勝:平本(1勝0敗)

負:白鳥

 

バッテリー

(ICU)白鳥、羽根田ー飯塚

(農工) 平本、吉田ー木村

 

二塁打

(農工)久保(3回)、天田(3回)、木村(3回)、広瀬(3回)

 

第4戦の相手は国際基督教大。本日の先発はリーグ戦初登板となる1年生の平本である。

 

<1回表>

初登板ながらテンポの良いピッチングで3人で切り抜ける。

 

<2回裏>

2つの四死球でチャンスをもらうと相手の失策の間に2点をうばい、無安打で先制する。(ICU0-2農工大

 

<3回裏>

先頭の1番広瀬が安打で出塁すると、盗塁と2番小林の左犠飛で1点を取る。3番山崎の四球で再度走者を出すと、4番久保のタイムリー2塁打で効率よく点を奪う。さらに、5番奥木の四球と相手のエラーで2死ながら満塁とされると、8番天田、9番木村、1番広瀬の3者連続タイムリー二塁打でこの回合計7点を奪い、一気に相手を突き放す。(ICU0-9農工大

 

<4回表>

3回まで無安打に抑えていた先発の平本だったが、この試合初めての安打を打たれる。しかし、要所を締めこの回も0点に抑える圧巻のピッチングを魅せる。

 

<5回裏>

7番吉田、8番天田の連続四球で出塁すると9番木村も安打でつなぐ。続く1番広瀬の適時打で1点を取ると、2者連続の押し出し四球と、相手の暴投も加わり、この回5点を追加する。(ICU0-14農工大

 

<6回裏>

2つの四球とエラーでこの回もチャンスを作ると、2番小林の適時打と3番山崎の犠飛でもう2点を奪う。(ICU0-16農工大

 

<7回表>

ここまで無死点に抑えてきた平本だったが、2本の安打と四球でこの試合初めて走者を3塁に進められる。しかし、無死満塁のピンチながら、2者連続三振を奪う力投をみせ2死とする。だが、後続に2点適時打を浴び、ここでマウンドを降りる。代わった2番手の吉田が三球三振で仕留め、ゲームセット。

 

投打がかみ合い見事コールド勝ちとなった。先発の平本は6回2/3 117球5安打2失点に抑える好投で初勝利をあげた。

 

 

 

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now