Please reload

秋季リーグ第3戦 9/23(日) vs東京工科大

September 24, 2018

勝:平本(2勝0敗)

負:宗高

 

バッテリー

 (工科)遠藤、宗高-岩崎

 (農工)阿部、平本-小林

 

二塁打

 (農工)澤田、根本

 

三塁打

 (工科)藤田

 

本塁打

 (農工)広瀬

 

秋季リーグ第3戦の相手は東京工科大。

農工大の先発は秋季リーグ初先発の1年阿部。

 

<1回表>

 二者連続三振を奪うなど上々の立ち上がり。

 

<1回裏>

 先頭の1番澤田がレフトオーバーの二塁打を放つと、2番木村(塁)の犠打で一死三塁のチャンスを作る。そして3番吉田の中前安打で幸先よく1点を先制する。続く4番小林は倒れるも、5番広瀬がレフトへの特大本塁打で2点を挙げる。その後も6番久保、7番深沢の連打があったが無得点。(工科0-3農工

 

<2回表>

 先頭に左前安打を放たれ、続く打者にも左中間に安打を打たれるが、三塁でランナーを刺す。続く打者にも安打を打たれるが、後続を断ち無得点に抑える。

 

<2回裏>

 先頭の9番山崎が右前安打を放ち、盗塁、進塁打で一死三塁の状況を作る。2番木村(塁)のショートゴロで山崎がクロスプレーで生還し1点を加える。その間に木村(塁)が二塁を陥れる。しかし後続が倒れた。(工科0-4農工

 

<3回表>

 先頭に左前安打を放たれ、次打者にライトへの三塁打を打たれる。続く打者を三振にとるも3番に中前安打は打たれる。その後も2つのパスボールで三塁に進まれると、5番に左前安打を打たれこの回に1点差まで詰め寄られる。(工科3-4農工)

 

<3回裏>

 2三振を奪われるなど三者凡退に抑えられる。

 

<4回表>

 安定したピッチングで三者凡退に抑える。

 

<4回裏>

 先頭の7番深沢がセカンドへの内野安打で出塁するが、後続が倒れ無得点。

 

<5回表>

 先頭に左前安打を打たれ、犠打で二塁に進まれる。次打者を四球で出すも後続を断ち無失点で切り抜ける。

 

<5回裏>

 3番吉田がショートへの内野安打で出塁するが後が続かず無得点。

 

<6回表>

 先頭に四球を出し、犠打で二塁に進まれると8番に左前安打を浴び、一死一三塁とピンチを迎える。しかし9番をセカンドゴロ、1番を三振に切って取り0点に抑える。

 

<6回裏>

 一死から7番深沢が中前安打で出塁すると、8番野口のセカンドのエラー、9番山崎の死球で満塁のチャンスを作る。しかし1番、2番が倒れ無得点に終わる。

 

<7回表>

 この回からピッチャーを平本に交代する。先頭に左前安打を浴びる。その後二死二塁とするも、5番に中前安打を浴び同点にされる。続く6番に右前安打を打たれるが、ライト広瀬のレーザービームで三塁を狙ったランナーを刺す。(工科4-4農工)

 

<7回裏>

 先頭の吉田がセカンドのエラーで出塁すると、4番小林の左前安打、5番広瀬の死球で無死満塁のチャンスを作る。6番久保の打席のパスボールで勝ち越しをし、さらに中前安打で1点を加える。続く7番深沢が四球を選び、また無死満塁とする。ここで代打恩田のセンターへの犠飛で1点を加え、続く打者に根本を代打に出し、初球を叩いてライト線にタイムリー二塁打を放つ。1番澤田も適時打を打ち、2番木村(塁)は四球を選ぶ。一死満塁で3番吉田はピッチャーゴロを打つが、ホームへの悪送球で三塁ランナー、二塁ランナーが帰り、一挙7点を挙げサヨナラ勝ちを収めた。(工科4-11農工

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now