Please reload

秋季リーグ第4戦 10/7(日) vs国際基督教大

October 10, 2018

 

勝:澤田(1勝0敗1S)

負:白鳥

 S:阿部(1S)

 

バッテリー

 (ICU)吉田、白鳥、山原-白鳥、宇田川、白鳥

 (農工)平本、三好、外里、澤田、阿部-木村(将)、小林

 

二塁打

 (ICU)館川、白鳥

 (農工)根本、広瀬

 

三塁打

 (農工)広瀬、深沢

 

本塁打

 (ICU)館川

 

秋季リーグ第4戦の相手は国際基督教大。

農工大の先発は今リーグ2勝を挙げている1年の平本。

 

<1回表>

 先頭を左飛に打ち取る、そこから2連続四球で走者を出し、4番に中前安打を打たれる。次の5番に押し出しの四球を与え先制点をとられる。続く6番はタイムリーエラーでこの回2点を失う。(ICU2-0農工)

 

<1回裏>

 2番野口が中前安打で出塁するが、3番吉田の打球で二塁フォースアウトとなる。二死一塁から4番根本のセンターオーバーの二塁打で二三塁とする。続く5番深沢、6番原林の連続四球で1点を返すも後続が倒れ1点にとどまる。(ICU2-1農工

 

<2回表>

 先頭の8番にセンターへの二塁打を打たれる。続く9番は犠打で一死三塁のピンチを迎え、1番に右前安打を放たれ1点を取られる。その後盗塁と進塁打で二死三塁とするが、3番に中前安打を打たれる。(ICU4-1農工)

 

<2回裏>

 8番木村(塁)が四球で出塁し、盗塁、キャッチャーエラーで三塁まで進めると、9番山崎の左前安打で生還し1点を返すものの後続が続かずその後は無得点。(ICU4-2農工

 

<3回表>

 この回から投手を三好に交代する。先頭の6番に四球を出し、その後一死とするが、8番に2点左本を浴びる。(ICU6-2農工)

 

<3回裏>

 この回先頭の4番根本が今日二本目となる安打を放ち、5番深沢が四球で出塁する。その後一死二三塁とすると、7番木村(将)の内野ゴロの間に三塁ランナーが還る。その後パスボールで1点加える。(ICU6-4農工

 

<4回表>

 この回から投手を外里に交代する。公式戦初登板にも関わらず三者凡退の完璧なピッチングを見せる。

 

<4回裏>

 先頭の1番広瀬が左中間への三塁打を放つと、続く野口の右前安打で1点差とする。その後4番根本、5番深沢の二連続四球で一死満塁のチャンスを作ると、守備から途中出場の小林が2点適時打を放ち同点。その後ダブルスチールを絡めて三塁ランナーが還り、この回逆転に成功する。(ICU6-8農工

 

<5回表>

 先頭の6番に死球、続いて7番に中前安打、8番の犠打で一死二三塁のピンチを迎える。9番にはサードゴロを打たせ、本塁に突入してきた三塁ランナーをアウトにしする。1番を迎えるタイミングで投手を澤田にスイッチし、サードゴロに打ち取りこの回を無失点で切り抜ける。

 

<5回裏>

 8番木村(塁)、9番山崎の連続四球で無死一二塁とすると、1番広瀬のタイムリー二塁打、その後二死三塁で4番根本のこの日猛打賞となる三本目の安打を放ち1点。続く5番深沢もタイムリー三塁打を放ち4点目を加える。(ICU6-12農工

 

<6回表>

 一死から左中間に二塁打を浴びるも無失点に抑える。

 

<6回裏>

 先頭の8番木村(塁)が右前安打を放つが後続が続かず無得点。

 

<7回表>

 この回も一死から7番左前安打、8番死球で一死一二塁とされる。その後9番を打ち取り、1番に内野安打を打たれ二死満塁とされ、2番のタイムリーエラーで二人が還る。(ICU8-12農工)

 

<7回裏>

 2番から始まる好打順であったが三者凡退。

 

<8回表>

 先頭の3番に死球を与え、続く打者に中前安打を打たれる。続く5番をショートゴロに打ち取り一死一三塁としたあと、パスボールで1点を献上する。その後中前安打を打たれるもセンター木村(塁)の好返球で走者を刺してこの回を終える。(ICU9-12農工)

 

<8回裏>

 二死から三連続四球でチャンスを作るも無得点。

 

<9回表>

 この回から投手を阿部に交代する。安打を二本打たれるも二つの三振を奪う好投でこの試合を締めた。(ICU9-12農工)

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now