Please reload

春季リーグ第2戦 4/7(日) vs東京理科大

April 11, 2019

勝:阿部(1勝)

負:菅原

 S:澤田(1S)

 

バッテリー

 (理科)菅原、舘、野口、谷口、舘-木戸

 (農工)阿部、三好、澤田-小林

 

二塁打

 (理科)奥、滝本、長谷川

 (農工)根本

 

三塁打

 (農工)澤田

 

春季リーグ第2戦の相手は東京理科大。

農工大の先発は2年の阿部。

 

<1回表>

 先頭に安打を浴びるも後続を断つ。

 

<1回裏>

 先頭の澤田が安打で出塁すると、一死三塁として、3番小林の犠飛で幸先よく1点を先制する。(理科0-1農工

 

<2回表>

 先頭に安打を打たれるも盗塁死で防ぐ。その後四球でランナーを出し、得点圏に置かれると安打を打たれ1点を失う。(理科1-1農工)

 

<2回裏>

 一死から7番野口が四球で出塁すると、二死三塁で9番木村(塁)の内野安打で勝ち越しに成功する。(理科1-2農工

 

<3回表>

 死球と安打でピンチを迎えるも無失点で切り抜ける。

 

<4回表>

 三つの四球で一死満塁とされると押し出しとタイムリーでこの回2点を失う。(理科3-2農工)

 

<5回表>

 四球を一つ出すも後続を打ち取る。

 

<5回裏>

 一死から1番澤田の三塁打でチャンスを作ると、2番深沢のタイムリーで同点。続く3番小林が四球でつなげると、5番恩田のタイムリーで二人が還り、この回逆転に成功する。(理科3-5農工

 

<6回裏>

 三連続四死球で一死満塁のチャンスを作ると、二つの押し出しと、4番根本の2点適時打でさらにリードを広げる。(理科3-9農工

 

<7回裏>

 三連続四球でチャンスを作るも得点には結びつかず。

 

<8回表>

 安打と四球で無死一二塁とされて、投手を三好に交代する。二塁打を浴び、1点を失う。その後二死とするが、四球で満塁とすると走者一掃の二塁打を浴び、この回4点を失う。(理科7-9農工)

 

<8回裏>

 二死から三連続四球でチャンスを作ると、1番澤田の内野安打で2点を追加する。(理科7-農工11

 

<9回表>

 二死から二塁打を浴びるも後を抑え試合終了。(理科7-11農工)

 

 

 

Please reload

© 2016 by Agritech Baseball Club. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now