6/5(土) 春季リーグ第7戦 vs東京理科大


勝:宮川

負:木村(1敗)

S:舘


バッテリー

 (理科)野口、宮川、舘-吉田、木戸

 (農工)木村、吉田-野口、澤田


二塁打

 (理科)渡邊


春季リーグ第7戦の相手は東京理科大。

農工大の先発は木村(4年・武蔵野北)。


<1回表>

 先頭に四球を与えると、続く2番に適時二塁打を打たれ、先制を許す。さらにエラーも絡み追加点を許す。(理科2-0農工)


<1回裏>

 二死満塁のチャンスを作るも無得点に終わる。


<2回裏>

 7番平本(4年・桜丘)、8番木村の連続安打でチャンスを作ると、相手エラーで1点を返す。(理科2-1農工)


<3回裏>

 一死から5番野口(4年・桐蔭学園)、6番山崎(M2・両国)の連続安打もあり、一死二三塁のチャンスを作るも後続が抑えられる。


<5回裏>

 一死から安打と四球で満塁とすると、押し出しで同点にする。(理科2-2農工)


<8回表>

 四球と安打でピンチを迎えると、ワイルドピッチと内野ゴロの間に2点を失う。(理科4-2農工)


<9回裏>

 先頭の根本(4年・春日部)が死球で出塁し、三塁まで進めるも、この回から代わった投手に抑え込まれ試合終了。(理科4-2農工)